新着情報

 政権へ一言

 活動理念

 日米交流

 フォーラム
  
(会 議)新着

 
役員構成

 
お問合せ

バナー

Congressional
N
ational
Security Research Group
NSRG
安全保障議員協議会
(安全保障研究所)


ライン
お知らせ


 この度、当会は我が国の機密情報取扱いについての認識を新たにすべく「国際標準・国家機密情報取扱い者用参考教本」を制作致しました。
 機密情報を取り扱う国家と企業等が尊守すべき規則をどう定めて行くかについての理解を深める上で必須と思われる米政府等関連資料の翻訳、及びオリジナルの英文を纏めた参考書になります。
 昨今我が国では、総務省事務次官の情報漏えい問題や潟uロードリンクによりHDDの処理をする業務の中で不正に54テラバイトものデータの流出が起こりました。
 情報管理の観点から言えば起こってはならない出来事ですが、この事件が最後の一件になるとは言い切れません。重要インフラや防衛・IT産業等でこう言った事件を事前に防ぐべく官と大手企業必携の一冊となっております。





書籍購入はこちらからご確認ください。
書籍の販売は令和二年度一月よりを予定しております。
また当会の活動近況はこちらをご覧ください。



平成30年1月18日 「防衛装備技術の展望・ミサイル防衛の課題」を
第一回のセミナーとして開催いたしました。
安全保障セミナーは一ヶ月おきに開催致します。


安全保障議員協議会は、日米安全保障・防衛問題等に関して研究・調査し、政策立案・提言を目的として活動しております。


日米安全保障や防衛問題をテーマに・・・

当協議会は長年にわたり日米安全保障、防衛問題をテーマに日米間の更なる構築を目指して活動してしております。

特に、日米安全保障に携わる日米双方の議員、専門家の交流促進に力を入れており、多くの意見交換の場を設けることにより新たな日米関係と更なる信頼関係に寄与し、健全な同盟関係を目指しております。

また、これらの活動を軸に、本分野の各種問題について定期勉強会を実施しており、会議等を通じて活発に各政策への提言を行っております。


日米安全保障戦略会議開催について・・・

当協議会は、(一社)国際平和戦略研究所(旧名称「(社)日米文化振興会」、(社)中央政策研究所および米ヘリテージ財団と共催して、日米安全保障戦略会議を開催しております。各界の専門家や高官を招いて、5月連休のワシントンD.C.での会議と11月の東京会議の年2回の会議を開催しており、本分野の関係者より高い評価と支持を得ております。